NPO国際地政学研究所(IGIJ)2020年第1回シンポジウムご案内

1 テーマ「米海兵隊の戦略転換と日本の防衛・安全保障」
2 日時:令和2年7月18日(土)1300-1630
3 場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館:JR市ヶ谷駅から靖国方向左徒歩5分)
4 進行予定:
   1300 開始
   1300-1310 挨拶・パネル紹介
   1310-1430 趣旨説明・基調講演 栁澤 協二 IGIJ理事長
   1430-1440 休憩
   1440-1510 ディスカッサント 佐藤 丙午 拓殖大国際学部教授
   1510-1540 ディスカッサント 小村田 義之 朝日新聞論説委員
   1540-1620 フロアご参加のQ&A
   1620-1610 挨拶・終了
5 聴講料:一般1000円・会員/学生500円
6 お申込み:令和2年7月17日(金)24時まで、本メールご返信、または電話(携帯)090-2308-7579までご出席をお知らせいただければ有り難く存じます。

 パネラー紹介

  佐藤 丙午 先生紹介(WiKi)
   専門:国際政治学安全保障アメリカ政治日米関係軍縮核不拡散防衛産業輸出管理
   役職:拓殖大学教授海外事情研究所副所長
   他:国際安全保障学会理事、日本安全保障貿易学会会長、日本防衛学会理事、日本軍縮学会理事、
     一般社団法人日本戦略研究フォーラム政策提言委員
     軍備管理、核不拡散、自律型致死兵器システム(LAWS “Lethal Autonomous Weapons Systems”)などの国連専門家会合パネルに日本代
     表として出席,経済産業省産業構造審議会貿易経済協力分科会安全保障貿易管理小委員会委員、防衛省核不拡散・核軍縮に関する有識者懇談
     会委員、防衛省防衛装備・技術移転に係る諸課題に関する検討会委員、日本原子力研究開発機構核不拡散科学技術フォーラム委員、参議院
     交防衛委員会の有識者参考人招致など

  1966年岡山県生まれ、岡山県立岡山操山高校卒、 筑波大(アメリカ研究)卒、同大学院人文社会科学研究科修士課程地域研究)終了、米ジョ
  ージワシントン大学大学院修士政治学)、一橋大学大学院博士国際関係
  1993年 防衛庁防衛研究所第1研究部 (アメリカ・国際関係担当)入庁 同第2研究部主任研究員を経て拓殖大学国際学部
  2006年 拓殖大学教授・海外事情研究所副所長
  2010年 外務省参(外務大臣政策)参与軍縮核不拡散担当)

 小村田 義之 朝日新聞論説委員
  外交・安全保障と日本政治
  高松、大阪社会部を経て政治部で自民、公明、外務、防衛を取材

  1992年、朝日新聞社入社
  1999年、米スティムソンセンター訪問研究員
  2006年、ワシントン特派員(2008年の米大統領選担当)
  2012年、論説委員(特定秘密保護法・安保法などの社説を執筆)

 栁澤 協二 NPO国際地政学研究所理事長

  東大法学部卒
  防衛庁人教局長・運用局長・官房長・防衛研究所長・内閣官房副長官補などを経て現職

東京都千代田区九段北4-2-25